now loading
results

実績・事例の紹介

2017.6.15

ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー

出張DIYコンサルインテリア
ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー0ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー1ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー2ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー3ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー4ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー5
ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー0ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー1ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー2ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー3ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー4ココロ躍るわたしと子どもの自分時間コーナー5
お客様の悩み
生活し辛く、ワクワクしない。生活感が露わになるのが気になる。
二年後立ち退くことが決まっているので、新しいものを買うのではなく、今ある物を生かし、工夫したい。
たわんだ棚板のこの本棚を何とか利用できないか。
コンセプト
ココロ躍るわたしと子どものコーナー
設計・施工・工事のポイント
押入れを使って秘密基地を計画中の、小1のお子様エリアと、奥様のお気に入りコーナーを隔てるパーテーションとして、本棚を利用することに。

【ココロ躍るポイント】
①たわんだ棚板をパインの集成材に取り換え、背板を取り付け→ココロ躍る「木」のキーワードを採用
②背板をべニアをすることで、お気に入りのポストカードやポスターをピンナップできる
また、お子様側から見た棚も、囲われたコーナー作りができたことで、お子様の「飾る」楽しみが増える
③奥様とお子様が、それぞれ同じ空間を共有しながらも、仕切りがあることで自分時間を愉しめる。

【施工費】
・パイン集成材 {860x300}x5 
・べニア3㎜ {900x900}x2 
・水性ステイン2缶 
・ビス 
計 約8,000円

キュリアス・マインズより
K様ご夫婦は、お気に入りの空間を事前にコラージュにしてくれていました。
それを元にココロ躍るポイントをキーワードで出してもらいました。
・木は落ち着くのでココロ躍る
・生活感さえ素敵に見える雑貨
・エネルギーがめぐる感じがするアイテム
・ワインレッドに心惹かれる

それらを元に素材やコーナー作りをしました。

どれがいいか迷ったら、「どれが心躍る?」と、コンセプトに立ち返る。
そうすると、「あ、そうか」と自分で選べるようになります。

「わたしがしたことと言ったら、穴開けて塗装して、ビス打っただけなのに、こんなに満足!」と、K様。
そう、木工DIYは、実はとっても単純な作業なものが多いんです。
作り方や工具の使い方が分からないから怖い。
でも、知れば視野がパーっと広がり、次は何をつくろう?と、家に手を加えたり工夫したりが楽しくなるのです。
キュリアス・マインズは、その一歩のお手伝いをします。

http://www.curious-minds-fk.com/blog/2164/
ページトップヘ
お問い合わせ・資料請求