庭師のまことです。
先日庭の剪定勉強会で、いつものように暑苦しく情熱を語っておりました。

img_2117

その情熱とは!

もしもこの地球上に、そこは自由につかっていいんだよ。という土地を手に入れたならば、隅々まで好きにしたい!!と思う。というものです。欲張りでケチなのかもしれないけど、四隅への愛しい気持ちは止まりませぬ。

しかも、土地や家を買う、というのは多くの人にとっては人生で一番のお買い物ではないでしょうか。
お客様の「庭」と認識してない外側、家の周囲の細い通路なんかも、大切なエネルギーを注いだのだと感じるに付け、掃除したくなってスッキリしたそこは、なんだか気の通りがよくなって、清々しいのです!

だから、ぜひ、気になってるけどと後回しにしていたり、わかっちゃいるけどどうしていいかアイディアが湧かないなんて箇所が、家の外側も内側もあれば、私たちの情熱をかけさせてください!!

dsc01282

↑うちの台所の、わたしのお気に入りコーナーっす。
種から育ったチェーリーセージの赤が、秋になってやけに色っぽく感じる。

気にかけるだけでなく、気を向けて手をかけ始めた瞬間から、土地と家からの愛♡も、見えないけれど感じるんだろうな。