庭が自然に還るお手伝いをする庭師のマコトです。
9月23日と25日、二日間とも夏の名残のように少し暑い中、勉強会を開催しました。
合計12名のお客さまと、剪定について語り合い、作業してみる満足な時間を過ごしました。
自分がいかに庭づくりや植物、管理について伝えていないのか知りました。それは、がっかりというより、ビックリでした。

剪定勉強会と名がつきますが、それにまつわる色んな話が展開されました。

1、道具の紹介と使い方
2、虫対策について
3、草対策について
4、切った枝や、抜いた草の処理について
5、土作りについて
6、植物の成長について
7、庭のデザインについて
8、そして、「なぜ剪定したいですか?」という理由に応える、剪定方法について

たっぷり、2時間はみなさんのお庭の事情に合わせてこの8項目を話しました。
ボリューミー!そして、1時間くらいで実践してみます。

私が今までの経験から得た知恵や、ただいま実験中のことはもちろん、余すことなく伝えるんですが
参加者の方が試してみたこともたくさん話してもらいました。
色んな話を聞くことで、なぜ困っていたかわかったり、自分は試さないアイディアを得て嬉しかったり、ワクワクするような庭の話に出会えて、本当に和やかで賑やかなマアンビの時間でした。
庭や植物にこんなに情熱を持って関わっている方と出会えたことがとても嬉しかったです!

参加者の方の感想の中で、何より「自分の観ていた世界が広がった、変わった」という喜びや驚きは、それだけで庭との関わりがラクで楽しくなっていくだろうと予感でき、もっと伝えて一緒に作業する機会を増やしていきたいと思いました。

感想をいくつかご紹介します。
みやま市からご夫婦で参加してくださった金子さん、ご主人はあまり最初は興味がないようでしたが最後には

「おもしろかった!自分で植物を選んで始めてみます。こんな勉強会してたら、みなさんの(キュリアスマインズの)仕事が減るんじゃないかが心配です」

と私たちを心配してくださいましたが、それはむしろ旦那さまのやる気の表れなので、喜びなのです。
どんどん実践してみて、この面白さや豊かさが多くの方の日常になることが願いです。

奥様の感想はこちら。

「昨日はありがとうございました!
昨日から庭に出たくてウズウズしてました!さっそく今朝は子供達を見送った後、草取りから、剪定をしてみました!切れないものがあったのでおすすめしていたノコを購入するつもりです。
好きじゃなかった樹でも、剪定してみるとスッキリしてなんだかスマートに見えたり、枯れていたコデマリをみたら、根の部分が見えていたり、そりゃそうだよね…と反省。
地表に出てるものしか見ていなかったのだなぁと反省しています。」

学んですぐに実践してみました!という感想をいくつか受け取り、それもとても嬉しいことでした。
誰にも聞けなくて困っていたことが「よし!こんなお庭目指して自分にも迷わずにできることがある」と未来が見え、そのやり方を知るだけで行動につながる勉強会になりました。

小郡市から参加してくださったT様の感想です。
ポールさんの講演会にも来てくださり、ご自分の庭づくりに大いに取り入れてみて、うまくいかないことを沢山シェアしてくれたので、参加者の方の参考になり助かりました。

「きょうの剪定勉強会は、大変勉強になりました。 小さな枝の残し方については、全然考えてなかった 事です。
剪定の実践の中で教えていただいたので すごく良く理解できました。来週から早速実践して みます。」

私たちは、家を建てる時からどんな風に暮らしていきたいのか、お客さまが描くお手伝いをしていきたいです。
そして、家や庭を育てていく時の苦労や喜びも安心してお話ししていただける環境に、自分たちもなり、機会も整えています。
「住まいのよろず相談会」や「アート&クラフト部」は、そんな暮らしのお悩み相談も気を許してしまうような楽しい会です。
みなさんの参加をお待ちしております!

img_1299