「さあ、サインして」

友人から譲り受けたこの絵本を久々に読み返した。


『the dot てん 』
ピーター レイノルズ (著), Peter H. Reynolds (原著), 谷川 俊太郎 (翻訳)


お絵かき嫌いの子どもワシテは、アートのクラスが嫌いでした。
「絵が描けない」というワシテに、先生は

「何かしるしをつけてみて。それからどうなるか見てみましょう」

ワシテが苦し紛れに「dot=てん」を描きました。
先生は、それにワシテの名前をサインさせ、額に入れて飾ります。
それを見たワシテは、「あ、これでいいんだ」と自己肯定感を育んで行き、どんどん自分を解放していきます。
そして、その精神は後輩に受け継がれていく、というお話。



このアートの先生は、その子が持っているモノを生かしワシリのままで開花するきっかけを与えました。

親として、人を育てる者として、
「こうでなければならない」という、自分の価値観を一旦外し、物を見る難しさを知っているだけに、自分もこの先生のようでありたい、と胸が熱くなった一冊です。

 

同じ作者の「ish=っぽい」も気になる絵本。
誕生月だし、自分へのご褒美に買おうかな~📖

#自己肯定感 #thedot #selfesteem #アトリエゼロ #本日10:00 #peterreynolds #子育て #双子育児 #あるものを生かす