親と子の学びの場 よろず屋Blue~壁を自分たちで塗装する!編~

今回は依頼者であるMさんご家族、またご友人家族の手を借りて自分たちで壁の塗装に挑戦します。
久しぶりの塗装作業、私も楽しみ!

テーマに合わせてチョイスしたのはアイボリーとモスグリーンの水性塗料。
モスグリーンは少し濃いかな?と心配しましたが塗ってみるとワントーン明るく見え、結果的にとてもしっくり。

クロスの上から直接塗れる水性塗料なのでとても作業がしやすい。
既存のクロスを剥がさなくて済むのでゴミも出ず、地球にも人にも優しいのです。

「まだ~?」
「もう塗っていい?」

早く塗ってみたくて仕方ない子ども達(笑)
はやる気持ちを抑えながら、丁寧に窓まわりや床との取り合い部分をマスキングテープとマスカーを使い養生をしていきます。

段取り8割!
ここをいかに丁寧にするかで、塗る作業の効率と仕上がりが違ってきますよ。

「わーおもしろい!」
「・・・もう腕が疲れてきた~」

日頃「部屋は汚さないように!」と言われ慣れている私たち日本人。
海外のように飽きたら別の色を塗るという文化が、もっと日本に浸透すると自由度は増しますね。

ローラーや刷毛を使っての初めての塗装作業、参加した皆さんはとても楽しそうで終始賑やかでした。

塗りムラもこれまたご愛嬌、手仕事の味わいが感じられる空間に仕上がりました!

壁の色が変わるだけで部屋の印象もガラッと変わるからやっぱり面白い。
手をかけながら愛着を持つ場づくりはまだまだ続きます!