南区のS様には、すでにたどり着きたいゴールがありました。

「ベニシアさんの家みたいに、外国の方がしつらえる和風の家にしたい!」

Sさんは、ベニシアさんの本を持ってきて、嬉しそうに見せてくれました。
ベニシアさんと言えば、自然と調和し、シンプルに日本の田舎暮らしを愉しむ、ハーブ研究家。
庭に植えてあるハーブを煎じてお茶を淹れ、ゆったりとした時間の流れを感じる。
鈍行列車に乗って車窓を愉しむ感じでしょうか。
そんな想いを置いてけぼりに、Sさんは特急列車に乗っているような日常を送っていました。

小学校4年生、幼稚園年長、保育園年少の3人のお子さんがいるS家の問題は
幼稚園や保育園のグッズ類やプリント、ご主人の趣味道具、家のあちこちに配置された衣類が、動線に沿って配置されていないことでした。

ベニシアさんの生活には程遠い状態ですが、問題は明確。
家事をラクにする動線づくりという関門を突破すれば、ゴールへの見通しが良くなり、やる気が出るのです。

キーワード
「ラクな仕組みと家事動線」

お悩み①洗濯物問題
洗濯がラクで時短テクにもなるポイントは、たたむ→しまう という一連の動作が一カ所でまとめられていること(我が家の悩みの種でもあるので、研究の末、この結論に至りました)。
取り込む→たたむ までをエアコンのない二階の部屋で行い、それぞれの部屋に仕舞っていたSさん。
まず、洗濯物部屋として、1Fの和室を整備。
使い辛かった、1間半の押入れの襖を2Fへ移動し、日常着る家族の衣類や子供のグッズをまとめました。

951c14_8ef1ac3fbb974b17b9caada4c13d8be6~mv2_d_1500_1500_s_2

残念ながら、押入れは使用頻度の高い用途向きではありません。
襖を取り外してカーテンを付けると「ワン・アクション」で開閉できます。

951c14_d1503ab7f4a64d37ab6d9a982e4ae1e8~mv2_d_1500_1500_s_2

左上ご主人、右上奥様、左下子供たち、右下子供グッズ(自分で出し入れ)。
ここで、たたむ→仕分ける→しまうが一カ所で終わります。

上段だけカーテン付けるのだそう。
古布好きのSさん。素敵なカーテンを付けてくれそうで、楽しみです。

お悩み②タオルの仕分け
特に困っていたのは、ハンドタオルの仕分け。
大小様々な小学校、幼稚園、保育園、大人と、タオルの種類が多く、たたむ→しまうの間で混乱するとのことでした。
それなら、種類でなくサイズで分けて、子供大人関係なく使う ようにすれば、たたむ→しまうの流れ作業がスムーズにいくのでは、というご提案をしました。

951c14_edb592fa1f8e44d99a566bc89b057f72~mv2_d_4032_3024_s_4_2

キャラものでもサイズが合わないものはすべて雑巾に。
パンパンに入っていたタオル入れのカゴがスッキリ(→収納に対して入れるモノは7割が基本!)。
Sさんもスッキリ。

お悩み③空間にメリハリがない
お子さんのかわいらしい絵や作品に紛れた古布のファブリックパネル、古材とアイアンのアンティークコートハンガーに掛かった、カラフルな子供用のキャラクターバッグ。
持っているものは素敵だけど、確かに違和感。
理想と現実の狭間で揺れ動くもどかしいこの状態に必要なのは、メリハリでした。

951c14_2c60d875fa834882b2cbdded52f6d073~mv2_d_1462_1462_s_2

点在していた子供の作品も、90㎝幅ほどのこの壁をキャンバスに、壁コラージュしていくことをお勧めしました。
ダイニングから見える場所なので、家族皆がほっこりするギャラリーの出来上がり!

さて、家事をラクにする動線づくりという関門を突破し、ゴールが見やすくなったところで、Sさんの理想の時間の過ごし方をお聞きしました。

「お部屋を暗くしてジャズを聴きたい」

その理想をかなえるべく、間接照明とソファ+パーソナルチェアのご提案をしました。
Sさんのアイデアで、子供エリア、大人エリアと分けて、メリハリを作っていく予定です。

少し時間があったので、近くのリサイクルショップで、ソファのサイズ感を確認したり、掘り出し物の照明探しに、ショップ巡り。
鈍行列車に乗ったSさんの日常作りのお手伝いができて、私は大満足でした。

「ああ楽しい。毎日でもやりたい、DIYコンサル。」

心満たされた DIY Gメン、裕子はつぶやいたのでした。