facebookに、和み系次女の<お片付け>について載せたところ、たくさんの方の価値観に触れ、改めて人ってこんなにも違うんだなぁ、違うって楽しいなぁ、と再認識した 室内装飾家の乙須裕子です。

前回までのお話→自分の価値観の“際”を知る
自分の価値観の“際”を知ったら、次は、人の価値観が見えてきます。

例えば、結婚式家づくりを例にとってみましょう。

結納やお祝儀の事、両家のしきたり
家とは?ダイニングやリビングでの過ごし方、コタツ派?ソファ派?など

私たちは、人生の場面場面で、お互いの生れ育った環境や過去の習慣から、<あたりまえ>と思っていたことが、そうでないことに気付く瞬間に出会います。

そんな時あなたは、
私たち気が合わない~~!ともどかしくなり、面倒になって、譲る?
いやいや、私が正しい!と押し通す?

そうすることで 結果、何を軸に選んだかわからない選択に不満足に終わる。
「家は3棟建てて理想の家だって言うけど、一棟目だし、まぁしょうがないか」と、不満を飲み込む。
家づくりの現場で多く見かける光景。
夢にまで見たマイホームだろうに、、、と、とても寂しい気持ちになります。

三棟とは言わず、一棟目で理想の家を建てるなら、何が必要だろう、と私たちは真剣に考えました。
そして生まれたのが、

“お客様が自分で選べるようになるシステム”
いえづくり START UP SET
です。

・そもそも、人は価値観が違うことを知る
・じゃぁ、どうする?二者択一でなく、よりよい“第三の案”を見出す
・結果、満足いくものが自分たちで選べるようになる(らしさ が現れる)

家族にお渡しする一冊のスケッチブックに、コラージュやキーワードを使って“自分”を集め、“家族”と価値観を融合させ、理想の住まいを描く。

このスケッチブックを持っていれば、どの工務店で家づくりをしても、あなたらしい理想の住まいができる、というシステムです。
住まい手さんの望む暮らしが明確に分かり、工務店さんも助かる、という 優れモノなんです。

今既に他社で打ち合わせを始めた、という方も、今でも遅くないですよ!

お申込み、お問い合わせはコチラ