自然と人をつなぎ、想いを形にする代表取締役社長の安元まことです。

某通販雑誌のフェイクグリーンを見た時に思った。

とてもよく似せて作ってあるが、これを買って人の何を満たすために植物があるのか、謎だなと。本物に似た形だけ見た目そっくりで目からの情報は植物と間違うかもしれない。私は植物は生きていて、人が関わることができ、そんな影響もあって変化するのがきれいだし楽しみだと思っていたので、不思議に感じた。
変化しないことがいい点なのかな。きっと、手入れによって心癒されていることを知らない人がいっぱいいると思うと残念だ。

ちょっと元気なくなってハラハラしたり、ヒョンなとこから芽が出たり、そういう植物が植物として生きているから、一緒に暮らしていて癒されエネルギーをもらったり与えたりする存在だと思っている。