こんにちは!調和と遊びゴコロのあるまちづくりをする、直感建築士よーこです。
私といえば、学歴があっても、資格があっても自信がなくて辛かった代表。
こんなことを言えるようになった私、ずいぶんラクに生きていけるようになりました(笑)

さて今回は前職を退職してから、個人事業主としてスタートするまでのお話です。
退職後しばらくは自由な時間を手に入れた喜びを感じながらゆっくり過ごしていましたが、
そろそろ飽きたな~この先どうしようかな~と感じ始めていました。

また勤めに出ようか。
それとも一人で設計事務所を立ち上げようか?でも不安なことだらけ。

そこで当時保育園のママ友であった、弊社代表の安元まことに話を聞きに行こうと決心します。
当時彼女は女性庭師として、個人事業主として、既に長年活動していました。
話をきくうちに、一般社団法人クラウドナイン・エデュケーション
「お客様を大切に育てる戦略戦術勉強会」というものを知るのです。

今振り返れば、なんかよさそう!と直感で感じ行動した私。
下調べもしないまま即決し、受講料を握り締め、ドキドキしながら勉強会に参加することになったのです。
今となっては、この選択は直感建築士として生きていく私にとって必要だったと感じます。
またキュリアス・マインズの3人はこの勉強会で知り合ったのです。

勉強会初日の衝撃は今も忘れられません。
自分について投げかけられる数々の質問に、何ひとつ答えることができなかったのです。
悔しい。
虚しい。
勉強の仕方は習ったけど、自分のことがわからないなんて。
日本の教育のバカヤロー!(どうしようもなくて、一旦生きてきた環境のせいにした私です・・・)

私は一体これまで何を学び、何を身に付け、誰の人生を生きてきたのだろう。
そんな日でさえも私はへらへら作り笑いをして誤魔化して生きていたのでした。

それから約半年間、全講座に参加するのは正直辛かったし逃げ出したかった。
自分の望む事業をやろう!と意気込んで参加したにも関わらず、
全く自分のことを知らなかった私にとって、初めて自分と向き合う時間。
感じないように蓋をしてきた溢れ出るたくさんの気持ちを丁寧に扱うことはしんどく、
また等身大の自分を受け入れることにしょうもないプライドが邪魔をするのです。

もうやめようよ。
仕事はある、食べるのに困らない程度にやったらいいよ。
心の中で、もう一人の私がずっと呟いていました。

でもこの37年間、自分を大切にして生きてこなかったことがあまりに悲しすぎて、ここで諦めることはもうしたくなかった。自分の人生を生きようと決めた私にとって、藁をもすがる想いで参加した勉強会。
ここで逃げ出しても何も変わらないと気づいたのです。

自分に都合がよいだけの人間関係
狭い自分の価値観
繰り返される出来事、変わらない自分の観方
やれることだけやる人生はラクだけど、ずっとずっと不満足な私。

全講座が終わる頃、前職からの紹介で設計の仕事が2件入りました。

自分も相手も大切にする事業ってどんなものだろう。

明確な答えは出ないまま、とりあえず必要に迫られて個人事業主として設計事務所を開業することになるのです。