“毎日一本映画を観よう!運動”でも始めようかと思うくらい映画が好きな、インテリア担当 乙須裕子です。

先週末、「いきる」とは?を考えさせる映画を2本観ました。
ひとつは「世界一キライなあなたに」。

エド・シーランの切ないBGMが似合いすぎるウィルと、天真爛漫でくるくると表情が変わるルー。

劇中、とても印象的なシーンがありました。

個性的な洋服が好きなルーが
「子どもの頃大好きだったものはバンブルビー柄のタイツ(ミツバチ柄のシマシマ)!でも、大人用のモノがなかなか見つからないの」と言う。

ウィルは、ルーからあふれるそのモノへの想いとモノが持つ思い出から、彼が見たこともない子どもの頃のルー気配を感じ、小ばかにしながらも微笑ましく見つめているシーン。

私は、モノって、人の想いがあって初めて生かされるんだな~、と ジーンとあたたかい気持ちになった瞬間でした。

わたしにもあるかな~、それほど好きなモノ。と思い出したら ありました。

当時の歴史を感じる、あの椅子やこの椅子…ま、それについてはまた後日♬

あなたの 誰に何を言われても好きなモノって何ですか?
思い浮かばないな~、というかた、思い出しに来ませんか?



わたしに恋する 初級 土曜コース|パズルのピースを集める

内容|3種類のワークを通して今の「わたしの魅力」に気づきます


ワーク|
・自分らしい選択が見えてくる!「迷わず選ぼう!好き?嫌い?ワーク」
・人とは違う自分の色選びに気づく「カラーで読み解くわたしのこと」
・今のわたしを現す雑誌の1ページを作る「ひたすらコラージュ」


場所|キュリアス・マインズ事務所・1階実験室


開催日|6月24日 10:30 – 12:30(各回2時間)


講師|
インテリアコーディネーター 乙須  裕子


初級を受け時は、こんな時!|
・ 仕事や彼氏、そこそこ満足だけど、このままでいいのかなと迷っている時
・ これからやってみたいことはあるけれど、いつから始めようか迷っている時
・ このままいくと、自分の人生どうなるんだろうと漠然とした不安を感じた時
・ 次のステージに進みたいな!と思い立った時