アート&クラフト部部長、ゆうこです。おはようございます!
昨日のアート&クラフト部 もしかして私にもできるかも?【ときめき!カルトナージュ】のレポートです。

カルトナージュとは、布や紙で作るフランス生まれの手芸。
“ぶきっちょさんでもできる”がコンセプトでもあるアート&クラフト部ですので、今回は扱いやすい布を採用。
それぞれお気に入りの布や、ドレスアップしたい手帳やノートを持ってきてもらいました。


どの柄をどこに使う?一番難しいけど楽しい、柄どりの作業。


角の仕上がりに不満足だったが、ツイード生地でおしゃれにカバー。クラッシック感UPしました。


カバー部分はステキだけど、リングのところが違和感。
レースを付けて無機質なリングをカバー。工夫できましたね。


部活の終わりの会で、感想を述べてもらいました。

Yさん(フクロウ)|「フクロウに最初から空いていた穴を生かし、裏に布を当てて仕上げました。私はセンスがない、と思っていたけど、回を重ねるごとに工夫したり生かしたりするセンスが自分にもあるんだと思えるようになりました。」
Dさん(セミ)|「夢中になって手を動かすのが本当に楽しかった。ほかの部員さんのやっていることを見れて、刺激になった。」
Mさん(花柄)|「決まったことは得意だけど、一からモノを作るのは得意じゃないと思っていた。結果、自分にも工夫できたことがとても嬉しい。」
Tさん(アルパカ)|「最後の仕上がりを見たとき、何かが足りないと思った。ベレー帽の提案をされたことがきっかけでネックレスを思いつき、ワクワクしながら作業ができた。自分は“飾る”の部分がとても好きだということに気付いた。」
Mさん(箱)|「時間内に完成しなかったのは残念だけど、仕上がっていく過程が楽しめた。次は時間内に終わる物を作ろうと思った。」
Kさん(ヒト柄)|「空気が入って、角の仕上がりがうまくいかなかったとき、使いたかった生地を上から貼ることでより良いものができた。失敗しても工夫することで、よりよくなると知りうれしかった。」

キュリアス・マインズの定義する【センス】とは、生かす心と工夫する心。
皆さん、持ち備えているのです。
各々、ちょっとしたきっかけでそれに気づいていたよう、部長の私もとても嬉しかったです。

【センス】といえばこんな講座、あります。
何か始めたくなる春。
“わたしらしい”を誰よりもわかる自分になりませんか?

センスがないと思っていませんか?
“私の魅力を知り尽くす” 初級講座

ワークの中で浮き彫りになる「スキ・キライ」や、感じる「キモチ」を通して、目に見える形で自分を知ることができます。
誰かにあなたらしいね、と言われても何だかしっくりこない経験はありませんか?
自分で私らしさを実感したい方、<わたし>の魅力を知り尽くす心浮き立つワークをご用意してお待ちしております
 


内容|
一回で以下の3種のワークをします
①色で感じる、わたしの気持ち
②スキ、キライを仕分ける
③切り紙、張り紙でコラージュ
定員|10名

受講料|¥2,160-(税込)初回ブック代525円

日時|10:30~12:30
4月4日(火)
4月27日(木)

場所|キュリアス・マインズ1F実験室
お申込み方法|
こちらから→お申込み

ワーク内容はどの回も同じです。くっきりはっきり、自分で私らしさがわかるまで、3回の受講をおすすめします。


based on 「心をつなぐ人になるⅭü」by Cloud Nine Education
http://www.cloudnine-edu.com/
私たちキュリアス・マインズの講師は、心をつなぐ人になるCüの講師でもあります。自分を自分だと確認し、他との違いを際立たせるものは唯一「自分が感じている何か」です。
この講座では率直に感じた気持ちや想いを伝え合う関わりがあります。ぜひ、体感してみてください!